リニューアル工事中

携帯筆談器COBO

グッドデザイン賞 2007年受賞!

COBO

耳の聴こえにくい方が、筆談を必要としていることを知り、阿波グローカルネットで企画して、メンバーであるプロダクトデザイナーにより、薄くて軽くて持ち運びに便利なものとしてデザインされました。”CommunicationBoard”を省略した”COBO”は、2006年に販売を開始しました。

その年2006年12月にはバリアフリー新法が施行され、公共交通機関や窓口には筆談器を用意しておくことが義務付けられ、それが追い風となって「携帯筆談器COBO」は多くの行政窓口やバス、船舶、タクシー会社から求められ、設置されるようになったのです。

PAGE TOP